数日前の皆既月食

11月8日は皆既月食
この日は天気も良く 皆既月食をしっかり楽しめました
午後6時過ぎくらいから 満月の左側から欠け始めました
皆既月食を経て 月食の終了は午後10時くらいまで
ちょこちょこ庭に出て写真を撮ってみました
夜の撮影で 300ミリの望遠レンズで しかも
手持ち撮影 今回は手振れ補正付きのカメラとはいえ
一番スローの時のシャッター速度は4分の1秒
手振れが心配でしたが 結果はほぼブレ無し
手振れ補正付きのカメラ 恐るべしです
今後 多少暗い場面でも オートフォーカスさえ
合えば気楽に撮影できそう
とても楽しみです




















紅葉の時期の三峰神社参拝

土曜日は天気も良かったので 急遽三峰神社へお参りに
行きました
三峰神社へ行くには ちょっと遅めの午前10時半出発ですが
以前もこのくらいの時間に出て 到着は午後3時くらい
だったので まあいけるかなくらいの気軽な日帰り
ドライブです

甲府市内でちょっと渋滞していたりしていましたが 
予想通り 午後3時前には 三峰神社の駐車場手前
1キロのところまで着きました ところが そこで駐車場が
満車で 空き待ちの渋滞につかまってしまいました
午後3時くらいの到着なら きっとみんな帰りの時間なので
渋滞なんてないだろうと 気楽に考えていたのですが
土曜日ということと 天気もそこそこ良かったこと
そして 一番の原因は 多分紅葉の時期だったからだと
思われます

駐車場を出る車がある都度 少しずつ前に進み
無事駐車できたのは午後3時半過ぎ およそ45分くらい
かかってしまいました

そこから 先ずは本殿に向かいお参りをし 来年に向けての
お札を頂き その後日本武尊の立像の横を抜け奥宮遙拝殿へ
向かいます
いつもなら 逆のコースを回るのですが 今日は時間も
押しているので 先ずは参拝をして お札を頂き それから
奥宮遙拝殿へと向かいました


三峰神社三ッ鳥居 この形の鳥居は全国的にも珍しいらしいです
入口にはオオカミ(山犬)さんが守っています

随身門 ここをくぐって本殿に向かいます

拝殿 午後4時を過ぎていますが まだまだ人が多いです

社務所や拝殿の裏手も 綺麗に高揚しています

奥宮遙拝殿から 奥宮方面の眺めです
奥宮まで徒歩で行くことも可能ですが 
私にはとてもとても・・・
ここからお詣りされてもらいます

こちらも 奥宮遙拝殿からの眺めです
今でこそ車で気楽に来れますが かなりの山奥であることが
わかります

駐車場へ向かう参道脇のもみじの木 綺麗に紅葉しています

こちらも駐車場へ向かう道にある満天星 
紅葉の赤が素晴らしいです

帰り道 途中の温泉に立ち寄り 中部横断道から新東名を使い
午後10時過ぎには無事帰宅 楽しいドライブを
満喫してきました

これから年末に向かい 毎年参拝している神社を巡るドライブが
始まります
毎年同じ所へ向かうのですが いつもこの時期が待ち遠しく
そして楽しみにしています



営業の方と営業じゃない話をしました

数日前 仕事用の携帯に連絡が・・・・
本来ならば 関係ない番号には基本出ないスタンスを
とっているのですが 今年は班長をやっているので
もしかすると 班の中の方からかもしれないと思い
電話に出てみると とある証券会社の営業電話でした

すぐさま 証券関係はやっていないので結構ですと断ると
今年入ったばかりの新人で あちこちに電話をかけている
とのこと 営業はお断りだと伝えると 営業をしないから
会うだけでも会ってもらえないかとのこと
営業をしないのに あってどうするのかなという思いと
今のご時世 テレアポは厳しいのに 一生懸命頑張っているな
という感心から 営業しないのなら 会って話をするぐらいなら
いいよと伝えると それでいいからあってほしいというので
実際に会うことになりました

会ってみると 新人らしいフレッシュさと 謙虚さが
なんとなく好感で ついつい長話をしてしまいました

小学生のころから琴を習っていたり アーチェリーで
全国大会に出場した経験を持ち 大学では経済学部で
ゲーム理論を学んでいるなど いろいろと面白い経験の
持ち主で 何事にも一生懸命な頑張り屋さんであることが
わかります

自分の経験上の話など およそ2時間話をして
営業をされても 証券には手は出さないので 
もう電話をしてこなくていいよと 伝えましたが 
また連絡をしますとのこと

次の電話に出るかどうかはわかりませんが
こうしてアポを取り 話ができるだけでも大変な時代に
何件も何件も電話をして やっと掴めた面談
本人もなかなかアポが取れずに落ち込むことも 
多々あったようです

売上上の成果はなくても 本人の生きていく上での何らかの
メリットを感じてくれたなら 今日 会って話をした甲斐が
あったというものです

今回はじめましての人ではありますが
一生懸命頑張っているフレッシュさが とても気持ちよくて
これからも元気いっぱい頑張っていってほしいと
切に感じた次第です

最近は全く更新をしていなくて どこかで
更新を再開したいなという気持ちを持ってはいたのですが
なかなか更新ができないでいました

今日 たまたまお話をした方が とても気持ち良かったので
どうしても ここに書き留めておきたくて 
更新できずにいたこのブログを 思わず更新してしまいました
秋の青空

写真は文化の日に近くの広場で撮った 秋の青空の様子
文化の日は 晴れになる確率がかなり高いらしく この日も
真っ青に晴れ渡り とても気持ちのいい秋の一日でした

蛍鑑賞と始めてのマニュアル撮影

ここ数日天気が悪く 今日の昼間も結構 風が強かったのですが

夕方からは比較的落ち着いてきたので 夜八時過ぎに家族で

蛍を見に行ってきました

到着した時刻は八時半で 沢の対岸を見てみると

ただ光っているだけでなく 沢の上や茂みの中を何匹も

飛んでいました

目の前にも飛んでくるので 2匹ほど捕まえて

手のひらで覆うと 中で緑色の光を放っています

その明かりを見ているだけで 何故かホッとしてきます

手のひらの覆いをはずすと 蛍は指先へ移動し やがて

スッと 光を放ちながら飛んでいきます

手のひらにいる蛍は 携帯のカメラでも写るのですが

周りで光っている蛍たちは 普通に写真を撮ると 

真っ暗で何も写りません

今日は星空や夜景などを撮りたくて購入した

キャノンのイオス80Dカメラを使って 初めて

マニュアル撮りをおこなってみました

マニュアルでの写真は今回が初めてなので

とりあえず絞り値 f/2.8 ISO感度 3200 焦点距離

11mm(キャノン80Dなのでおそよ18mm)と固定して

シャッター速度を変えての撮影を行いました

シャッター速度2秒

原寸では写っているのですが 800ピクセルに縮小すると

よくわかりませんね

シャッター速度6秒
シャッター速度6秒

よく見ると 多少は飛んでいるのが見えるでしょうか?

シャッター速度10秒
シャッター速度15秒

原寸ではしっかりと見えるのですが 800ピクセルに縮小する

とよくわからなくなってしまいます

今日は 結構クルマが走っていたので ライトの明かり等で

写り方が変わってしまいますが 初めてのマニュアル撮影で

目で見えている景色と 露出時間を長くして撮ったカメラの

写真の見え方の違いに とても驚きました

目で見ているところは 真っ暗にしか見えていないのに

シャッター速度を数秒から10秒ほどにすると こんなにも

景色が見えてくることに感動です

ついでに 空も写してみました

シャッター速度4秒
シャッター速度3.2秒

満月に近い明るい月夜なので あんまり星は出ていないように

見えたのですが 写真ではこんなに多くの星が写っていました

もともとこのカメラは 星空を撮りたくて買ったカメラなので

そういう意味では 初めての星空写真でしたが

とても綺麗で そしてとても新鮮でした

これからもっともっと マニュアル撮影で 星空に

挑戦していきたいと思いました

阿寺の七滝

先週の土曜日 愛知県新城市にある阿寺(あでら)の七滝に

行ってきました

入り口には駐車場があり そこから500メートルほど

歩くみたいです

入り口の所にある沢ですが 水がとても綺麗で川底まで

見えています

滝までの道は綺麗に整備されていて 歩くのに困ることは

まったくありません

道路わきにはずっと川が流れ 歩いていてとても気分がいいです

途中には倒れかけの大きな木が道を斜めに横切り 枝先を見ると

葉が茂っているので この状態でも生きているみたいです

途中には「くいちがい石」と呼ばれる珍しい礫岩があります

道幅も狭くなり 沢との高低差もなくなってきた頃に

見えてくるのが阿寺(あでら)の七滝です

下からでは上部の滝が見えないので 脇の階段で上に上ります

上った先に見えるのが1の滝と2の滝で この2の滝の滝つぼが

深くて透明度も高く とっても神秘的です

そしてここから下を見ると3,4,5の滝が龍のように

くねりながらと落ちていき プールのように見える

5の滝の滝つぼに流れ込んでいます

阿寺の七滝 名前は知っていたのですが 今まで来た事がなく

今回 初めて来て とても静かで綺麗な場所なので 

また来たいと思いました